相模原市寄付講座「地域児童精神科医療学」

北里大学医学部精神科学内に相模原市寄付講座「地域児童精神科医療学」が設立されました。北里大学医学部ニューズに掲載された記事です。http://web.med.kitasato-u.ac.jp/mnews/pdf/331.pdf の P7です。

子どもに対する向精神薬療法

私は大学で児童精神医学関係の寄附講座の責任者であり、公的発達障害施設では親の相談に関わっている程度の知識しかないですが、向精神薬が絶対に必要なケースがあるのは間違いないし、一方で、一部の先生の子どもに対する安易な処方に厳しい発言をしたこともあります。うつ病の精神医療でも結局は同じところにたどり着くのですが、医師の質にばらつきがあり過ぎます。うつ病と違うところは、うつ病は精神科医なら診れないといけないレベルをある程度設定できそうなのに、児童精神医学は「自分は専門外(と言いながら意見だけは言う医師もいますが・・・)」という言い方が許容されやすいため、精神科医の義務教育レベルを設定しにくいことでしょうか。今回の「NHKクローズアップ現代、“薬漬け”になりたくない ~向精神薬をのむ子ども~(2012年6月13日)」についてはあちこちでいろいろな意見を耳にしましたが、精神科医の中でも評価がかなり分かれるということ自体が大きな問題ですね。どう今後につなげていけばいいのか・・・。

「地域児童精神科医療学」講座設立

北里大学医学部精神科学内に、相模原市の寄付講座として、「地域児童精神科医療学」が正式に設立されました。研修を希望される方はご連絡ください。http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/20120418Nikkei.pdf
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR