「精神科治療学 2017年増刊号」:巻頭言です

「精神科治療学 2017年増刊号」:全体の編集を担当しました。


「認知症予防」の落とし穴

「予防が難しい疾患の1次予防」、「早期発見しても、現状では医療での対応が難しい疾患の2次予防」などの推進活動は、医療機関や医薬品、医療機器メーカーなどの収益性にも関係するため、以前から気になっていました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000013-mai-soci

BPSDという用語は使わない方がいい!

上田諭先生の論文から切り抜きました。とても大事な問題と思います。私も触れたことがあります。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/miyaoka/201506/542632.html


抗認知症薬服用の倫理性

抗認知症薬は、服用に関する倫理性が議論されないまま発売され、使われ過ぎている気がします。そのあたりについて書いてみました。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/miyaoka/201510/544151.html

抗認知症薬に関する議論は医療のあり方に通じる

もし効果があるとしても、あれだけ微々たるものしか期待できない抗認知症薬を使うべきか、やめる時期はいつかなどという議論は、医療全体における治療選択や患者さんへの説明と同意のあるべき姿そのものを考えさせられます。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201508/543549.html
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR