専門医と行政の考え方(2)

認知症の方は「 都道府県が養成した認知症サポート医で、かつ老年精神医学会または認知症学会が認定する専門医」と書いてあります http://www.shimotsuke.co.jp/…/toc…/top/news/20150116/1841622。私はこの条件を満たす方の中に、本当に地域で認知症を支える対応ができる方がどのくらいいるか、日々の臨床経験から疑問を感じています。摂食障害のほうは資格制度がありませんが、「専門施設は患者と家族の悲願。早期の整備を」と求めている「専門医」が、心療内科系の方が多いようですが、本当に心身ともに重症の患者さんをどのくらい診れるのか、やはりひっかかっています http://www.sankei.com/west/news/150107/wst1501070017-n1.html。
 おそらく専門家や専門施設が必要な患者さんはそれほど多くなく、むしろ基本的で、かつ初期の対応が必要でしょう。また専門家や専門施設を置くほど、一般的な医師はその治療を専門家に任せようとします。今、現場でより求めないといけないのは、多くの医師が認知症や摂食障害を支えられるようにする方向性であり、それを行政では進めて欲しいし、教育では進めたいと願っています。

専門医と行政の考え方

「認知症専門医」なる専門家にそれほど有用性があるか、専門医を求めるという戦略が適切か、どうも臨床現場と行政の考え方にずれがあるように思う。
http://www.shimotsuke.co.jp/…/toc…/top/news/20150116/1841622
摂食障害でも専門家、専門施設に関する行政の考え方に疑問を感じる。http://www.sankei.com/west/news/150107/wst1501070017-n1.html
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR