被災地で実施される調査や研究

東日本大震災の時、ずいぶん問題になりました。こういうことに関する心理面の研究で、自記式質問票を用いて意義のある結果を示せることはほとんどないように思います。倫理委員会で審議する時にも、問題点があっても実施するほどの意義がある研究であるかどうかを十分検討して欲しいものです。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/hisaichi/jimurenraku.html

統合失調症薬におけるセンサー内包錠剤

認知症の貼付薬は、倫理について検討不足のまま発売され、使用されたと考えます。この系統の薬剤は慎重な評価が必要でしょうね。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11HET_R10C15A9TJC000/

外からの観点を、多くの精神科医に持って欲しい

週末に利益相反と医療保護入院の書類の書き方に関する議論に、それぞれ別の会議で関わった。実際には適切に活動しているのであろうが、もう少し、「周囲の人はどう見ているか」、「精神医療に従事している人以外の人がどう理解するか」のように、外からの観点を、多くの精神科医に持って欲しいと思う。

同意を得ようとする判断が適切か

パターナリスティックな対応からインフォームドコンセントに変わる中で「患者さんの同意を得る」が強調されたためか、医療やその研究、医療が関係する学校や職域において、「同意を得ておけば何を、例えば情報開示や検査など、してもよい」という考えが出てきているように思う。「本当にそれが必要な状況か、同意を得ようとする判断が適切か」という科学的かつ倫理的な議論が不十分にならないように気をつけたい。

「J―ADNI」問題

ブログに「今回のJ-adniの問題をどの様に受け止めていらっしゃいますか」という質問をいただきました。FBにも書きましたが、現時点では「こういう領域に関係のある研究者であればもう少し問題の中核を理解できるように報道できないんでしょうか。科学的な研究であり、公的なものだからなおさら、修正か改ざんかなどは読者の判断に委ねるとして、とりあえずは明らかになっている事実を知らせて欲しいと思う。それと早急に複数の外部の専門家に審議して欲しい」という印象です。報道の限りでは何が起こったのかがまだよく理解できません。
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR