ロゼレム(ラメルテオン)の効果

ロゼレムの日本における治験結果は「第Ⅲ相試験:投与1週目の自覚的睡眠潜時は有意に短縮したが、2週目はプラセボ群の間で統計学的な差は認めなかった。第Ⅱ/Ⅲ相試験:投与1週目の自覚的睡眠潜時は本剤8mg群、16mg群ともにプラセボ群との間で有意差を認めなかった」です。軽症の睡眠障害に安易にベンゾジアゼピン系薬剤を処方して、より問題が大きいベンゾジアゼピン依存を作っていたかもしれないこれまでの不眠治療を防ぐという意味はありそうですが、睡眠障害治療における位置づけは慎重にすべきと思います。
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR