「大人の発達障害」に関する講演での質疑から気になったこと

大人の発達障害に関する講演後の質疑で気になったことがありました。子供の頃や思春期に発達障害と診断された方で、その後、専門家の診察は受けないまま、青年期やおとなになってから精神面や行動面でいろいろな症状がみられる方について、「発達障害だからこういう症状もあるだろう」とご家族が理解されている場合があるようです。あらたな問題がある時は別の精神疾患が起こっていることもないとはいえませんから、現在の症状について診察を受けるようになさってください。その場合、「大人の発達障害の診療ができますか」と尋ねると、できないと答える医療機関があるようです。現在どういう問題があるかをお話いただき、発達障害については、「X歳の頃言われたことがある」と追加するに止めてください。
プロフィール

Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.

Author:Miyaoka Hitoshi, MD., PhD.
北里大学医学部精神科
http://kitasatomiyaoka.web.fc2.com/index.html
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002255894818

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR